高次団粒SF緑化システム

高次団粒工〈SF緑化工法〉

Soil Flock Green Method


特徴

SF緑化工法の施工図

SF緑化工法の断面模式図
吹付厚さは通常3cmから10cmまで。
種子は上部2cm層に混入します。
岩盤・土砂・切土・盛土などあらゆる斜面に施工できます。

使用材料

  1. 客土材「ジェットソイル」
  2. 肥料養生材「ジェットシードD」
  3. 安定剤「マグゾールD」
  4. 団粒剤「ソイルフロック」
  5. 配合種子
  6. 清水

適用範囲

  • 切土・盛土 3分勾配まで可
  • 岩盤・土砂・れき混じり土・酸性土
  • 湛水面
  • 法枠内

作業手順
@ソイルシーダーの小タンクで団粒剤水溶液をつくる。
Aソイルシーダーの大タンクで客土材,肥料養生材,安定剤,配合種子,水を混合して泥状化させる。
Bスラリーポンプで@とAを空気吸引式ミキシングノズルへ送り,団粒反応させながら吹き付ける。

SF緑化工法の概略図

ノズル内では@とAが混合し,吸引された空気によって攪拌され,泥状化に用いた余分な水が脱水されます。 これが団粒反応です。団粒反応により,大小様々な孔隙を形成した基盤「高次団粒構造形成基盤」が造成されます。

スラリーについて

上図を見てください。「低濃度の泥状基材」は直径90〜110cmのフローがありますが, 団粒反応後には,スランプ2cm以下の「耐侵食性の高次団粒形成基盤」となります。

フロー1mは,粘土粒子と団粒剤の絡み,団粒反応にとって最も適した濃度です。また,この濃度がタンク内の攪拌, スラリーポンプやホース,ノズルの送液にとっても都合のよい軟らかさなのです。

従来の厚層基材吹付工では,可塑性はあるが流動性のない状態で基材を吹付けていましたが,SF緑化システムでは, この常識を破って,フロー1mにもなる非常に流動性のある低濃度のスラリー(泥状基材)を使います。これが,高次団粒SF緑化システムの原点です。

団粒反応について

団粒反応は,団粒剤に含まれる長い線状の有機高分子と,客土材に含まれる粘土粒子が電気的に反応して絡み合うものです。

SF緑化システムでは,泥状基材と団粒剤を吐出時に瞬時に団粒反応させて脱水します。ここで,スラリーが塑性化し, スランプ2cmにまで流動性がなくなります。これにより,急斜面にも基材を厚く安定して付着させることができるのです。

団粒反応した基盤は,大小多数の孔隙をもつ構造となります。大きな孔隙は水はけと通気,小さな孔隙は水もちと保肥のはたらきをします。

このような構造は,植物の生育にとって好ましいだけでなく, この構造がもつ保水・透水機能により侵食に強い基盤となり,また斜面の水循環をも改善します。

フローテストとスランプテスト

施工前には必ずフローテストとスランプテストを行ってください。確実な高次団粒形成のために必要な作業です。どちらのテストにもスランプコーンを使います(下図参照)。

フローテストは,スランプコーンに泥状基材を入れ,取り外したときのフロー(円の直径)を測定します。90〜110cmが許容範囲です。

スランプテストは,団粒反応させた基材をスランプコーンにつめ,約3分後にスランプ値を測定します。2cm以内が許容範囲です。


SF緑化工法による代表的な施工事例はこちら
[ホームに戻る]