高次団粒SF緑化システム

生態舗装工〈BF緑化工法〉

Bio Falt Green Method


特徴


BF緑化工法の断面模式図
1タンク標準100m²

使用材料

  1. 舗装骨材「BFチップ」
  2. 舗装乳剤「BFコート」
  3. 植生基材「BFソイル」
  4. 接着繊維「グリーンルーバー」
  5. 団粒化剤「BFフロック」
  6. 配合種子「BFシード」
  7. 清水

適用範囲

  • 切土・盛土 3分勾配まで可能
  • 現場発生材の処理が求められる場所
  • 硬岩、モルタル吹付斜面
  • ダム湖淡水斜面、多自然護岸、簡易水路
  • 崩壊斜面、れき混じり斜面、軟岩斜面
  • マサ土盛土の侵食防止、海岸の飛砂防止
  • 自然な樹林化が求められる場所

作業手順
@ソイルシーダーの小タンクで団粒剤水溶液をつくる。
Aソイルシーダーの大タンクで舗装骨材「BFチップ」,配合種子「BFシード」,植生基材「BFソイル」,舗装乳剤「BFコート」,水を混合して泥状化させる。
B連続繊維をセットする。
Cスラリーポンプで@とAを空気吸引式ミキシングノズルへ送り,団粒反応させながら吹き付ける。
※吹付前にホース内の水通しをする。作業終了時、休憩前後などにも必ず水通しをしてください。ホースやノズルでのつまりの原因となります。
※1タンク当たりの吹付範囲をあらかじめ印しておき、全体に薄く重ねるように散布してください。ただし、凹地には多めに吹き付けるようにしてください(裸地率20%以内)。
※何回重ねて吹付けても層ができず、剥離することもなく、むしろひび割れ防止にプラス効果があります。

設計のための参考基準

 
●標準吹付面積
・ソイルシーダー2の標準吹付面積は1タンク当たり100m²です。
・吹付厚さではなく、諸条件・予算に応じて1タンク当たりの吹付面積を設定してください。
●斜面の整形
・凹凸を残したままにします。基準線に対し±1m程度。
・盛り土についても、平滑に整形せず、少なくともキャタピラの跡を残すようにします。
●基盤の吹付
・植生の生育・安定に適した凹地に集中的に基盤を吹き付けるようにします。ただし、地山露出率20%以内。
・吹付厚さでなく、単位面積当たりの吹付量で管理します。
●基礎工
・ラス金網張り工や簡易法枠工などの緑化基礎工は使用しません。
●植物
・配合樹木種子を少量導入して、周辺植生からの新入を促進します。
・先駆樹に郷土種を加えた「自然回復基本型」を標準使用します。
・成立本数は、100m²に3種以上それぞれ30本を基準とします。導入種の成立本数の上限は1m²に30本。


BF緑化工法による代表的な施工事例はこちら
[ホームに戻る]