人も鳥も集まる緑地−鹿児島県・サボーランドパーク姶良−
写真10

***施工から6年経過したNo3の様子***

後方の林がTG工法、前方の草地は張り芝工。
緑化工法の違いにより、こんなに植生・景観に差が現れる。
また、No1〜3の斜面は同じ工法・同じ種子配合でも、植生が微妙に異なっている。
斜面の向き・地山の硬さ・水分・・・様々な要因が植生を左右していると考えられる。とても人間の思い通りにはならないものだ。


[ 戻 る ]