栃木県 川治ダム湛水面

施工 平成13年6月
土質 礫混じり土砂
法面勾配 1:1.0
標高 600m
緑化目標 自然回復型
使用植物 イタチハギ、リードカナリーグラス
ダム湖流木の処理及び裸地化した湛水面の景観保全を目的に施工を行った。


写真1

左の写真は、施工後2ヶ月の状況。


写真2

左の写真は、施工後2ヶ月の状況。
斜面の凹地を中心に、イタチハギが5〜7cm程度に生育している。


写真3



※写真をクリックすると大きい写真をご覧頂けます。
[閉じる]