茨城県北茨城市 中郷工業団地 酸性土壌の緑化

・発注元:茨城県開発公社  ・場所:北茨城市  ・法面方位:東向き  ・法面勾配:1:1.0〜1.5
・土質:土丹  ・土壌酸度:pH2.8  ・施工時期:1996.4  ・工法:TG緑化  ・種子:低木類
・吹付厚:3〜7cm  ・基礎工:ラス張工(1:1.0)  ・周辺環境:工業団地
その他:資源循環型緑化工


写真1

1996.4

施工前 全景 地山は強酸性(pH2.8)
過酸化水素水で酸度を調査するとph2.8であった。
当地への緑化は困難と考え、強制的な中和処理と永続性を保つために微生物を導入した緑化である。


写真2

2000.7

施工約4年後

初期成育が旺盛で、早期の樹林化に成功した。


写真3

2002.7

施工約6年後

6年経過した現在も樹木が成立し、強酸性土壌への緑化に成功した。


写真4

2010.9

施工後14年経過しても強酸性の影響が無く、樹林化定着している。


写真5

同上


写真6

2010.12撮影


写真7

同上

新入種が確認できる


写真7

同上



※写真をクリックすると大きい写真をご覧頂けます。
[閉じる]