茨城県ひたちなか市 東水戸道路・那珂有料道路 砂地緑化

場所:茨城県ひたちなか市 工法:TG緑化工法
施工日: 1995.11〜1996.3 平均吹付厚: 3,5cm
法面勾配: 1:2.0 土質: 海砂、砂質土、粘性土
法面の向き: 周辺環境:
導入種子: 草本、低木林、特殊


写真1

1995.11

施工前 全景

表層はシルトロームであるが、全体が海岸砂である。
ここでは、砂の固定処理、被膜形成、保水処理、塩害を考慮した特殊技術が活きている。


写真2

1997.10

施工約2年後
維持管理を考慮して、法尻から2mはコンクリートの張ブロックを設置している。
道路景観を考慮して、アキグミ、トベラ、クロマツ、コマツナギ、ハギ類、草本類などを使い分けている。


写真3

2001.6

施工約5年後

アキグミがブッシュ状を呈している。



写真4

2002/7

施工約7年後

周辺植物が侵入し、周辺との調和した緑が形成できた。



※写真をクリックすると大きい写真をご覧頂けます。
[閉じる]