福島県 国道114号線工事


写真1

現地の表土を採取する。

TS緑化工法の基盤材1m3当たり
表土12リットルを混入する。


写真2

採取した表土を1cmメッシュの篩でふるいわけする。


写真3

マサ土の切土法面

斜面勾配1:1.2


写真4

吹付機ソイルシーダS-1(小型機)で吹付け。
吹付厚さ3cm。
導入種子
ヤマハギ(皮取)・コマツナギ(国内産)・イタチハギ・ 
メドハギ・トールフェスク(矮性種)・
オ−チャ−ドグラス・クリ−ピングレッドフェスク。


写真5

基盤吹付直後


写真6

侵入種はエノコログサ、ヌカキビ、イヌビエ、オオケタデ、クズ、クローバー、セイタカアワダチソウ、ヨモギ、オオアレチノギク、アメリカセンダングサ、アメリカイヌホウズキ、ヒヨドリジョウゴ、オオマツヨイグサ、ノゲシ。


写真7

近景



※写真をクリックすると大きい写真をご覧頂けます。
[閉じる]