福島県 森林居住環境整備(県営)第1602号工事 大霊山線

施工 2005年6〜7月
土質 花崗岩岩質 マサ土化
法面勾配 1:1.0
法面方位 南向き〜南西向き
面積 4306.9m2
緑化目標 自然回復低木林型 工法:BF緑化工法(資源循環型緑化工)
使用植物 ヨモギ、メドハギ、ヤマハギ、コマツナギ、
クリーピングレッドフェスク、ケンタッキーブルーグラス、チカラシバ

※(株)エヌティーエスが作成した資料および写真を全国SF緑化協会が編集して掲載しました。


写真1

施工前
測点 56〜59 A法面


写真2

施工前
測点 71〜75 B法面


写真3

施工後1ヵ月
A法面

2005年7月
道路新設により発生した切土法面の保護のため、BF緑化工法(厚さ3p)を施工。



写真4

同上

B法面


写真5

施工後2ヶ月
2005年8月29日
A法面


写真6

同上
B法面


写真7

植生調査(平成17年8月29日)
No.57 1段 A法面
木本類が1m2当たり54本程度見受けられる。
草本類は木本類を被圧しない程度植生し、木本類の温床を維持している。
ヤマハギの成長は平均で約15cm、コマツナギの成長は平均で約10cm程度の伸びである。




写真8

No.57 2段 A法面

木本類が1m2当たり55本程度見受けられる。
草本類は木本類を被圧しない程度植生し、木本類の温床を維持している。
ヤマハギの成長は平均で約25cm、コマツナギの成長は平均で約15cm程度の伸びである。


写真9

No.73 1段 右

木本類が1m2当たり63本程度見受けられる。
草本類は木本類を被圧しない程度植生し、木本類の温床を維持している。
ヤマハギの成長は平均で約15cm、コマツナギの成長は平均で約10cm程度の伸びである。


写真10

No.73 2段 B法面

木本類が1m2当たり73本程度見受けられる。
草本類は木本類を被圧しない程度植生し、木本類の温床を維持している。
ヤマハギの成長は平均で約30cm、コマツナギの成長は平均で約15cm程度の伸びで全体的に草本、木本とも成長が早い。


写真11

2006年4月

A法面


写真12

同上

B法面


写真13

同上
イノシシによる被害状況


写真14

同上


写真15

同上

ラス金網が捲れ上がっている。


写真16

イノシシの糞

木本類の柔らかい根の部分を食べたと思われる。


写真17

2006年7月

A法面


写真18

同上

B法面


写真19

2008年7月

A法面


写真20

2008年7月

B法面


写真21

2010年12月

A法面


写真22

同上


写真23

同上

B法面


写真24

同上



※写真をクリックすると大きい写真をご覧頂けます。
[閉じる]