長野県 堀金 埋土種子緑化

長野県堀金村小野沢の砂防工事。平成14年10月施工。

地山は8分勾配、礫混じり土砂・岩盤で法枠が施工されている。標高800m。

TG緑化工法〈接着繊維工〉+ER緑化工法〈表土培養工〉で厚さ約5cmの植生基盤を造成。無播種(埋土種子活用)。

ER緑化工法〈表土培養工〉は、現地の表土を種菌として培養したものを基盤に混入し、
 裸地斜面を樹林化する緑化工法です。
 ・・・ER緑化工法の施工手順・・・

 1.現地表土採取(泥状基材2500リットル当たり表土1リットル)

 2.培養器に約5リットルの清水と活性剤を注入した後、
   ブルーシートなどで覆い2〜3日間現場で培養する。

 3.培養した表土をTG緑化工法の泥状基材に混合して、吹付施工する。


撮影:山ア建設(株)


写真1

※法枠内に吹付けるときは、法枠内の下方部に植物が成立するように、法枠内の上方より下方が厚くなるように吹付けます(斜め吹付)。


写真2

吹付完了


写真3

施工後2年半(平成16年5月)


写真4

施工後2年半(平成16年5月)

アカマツの実生


写真5

施工後2年半(平成16年5月)

ヤナギ


写真6

施工後2年半(平成16年5月)

ヨモギとタンポポ


写真7

施工後3年(平成17年8月)

中央部分はヤマハンノキやヤナギなどの群落になっている。多種類の木本・草本が侵入している。


写真8

施工後3年(平成17年8月)


写真9

施工後3年(平成17年8月)

タラノキ


写真10

施工後3年(平成17年8月)

ヤマハンノキ


写真11

施工後3年(平成17年8月)

アカマツ


写真12

施工後3年(平成17年8月)

ヤナギ


写真13

施工後3年(平成17年8月)

ハハコグサ


写真14

施工後3年(平成17年8月)

ヒノキ


写真15

施工後3年半(平成18年5月)


写真16

施工後3年半(平成18年5月)

カラマツ


写真17

施工後3年半(平成18年5月)

キイチゴ


写真18

施工後4年(平成18年11月)落葉期


写真19

施工後4年(平成18年11月)落葉期

ヤマハンノキやヤナギなどの群落


写真20

施工後4年(平成18年11月)落葉期

林床にアカマツが育っている


写真21

施工後4年半(平成19年5月)


写真22

施工後4年半(平成19年5月)

ウリハダカエデ


写真23

施工後4年半(平成19年5月)

ヒノキ


写真24

施工後4年半(平成19年5月)

シラカンバとアカマツ


写真25

施工後4年半(平成19年5月)

林床の様子


写真26

施工後6年半(平成21年6月)

周辺から飛来した樹木や草本が侵入し、自生種での植物群落の復元となった。


写真27

施工後6年半(平成21年6月)

林床の様子 


写真28

施工後6年半(平成21年6月)


写真29

施工後6年半(平成21年6月)

成長したヤマハンノキのと樹姿(樹形と幹)


写真30

施工後6年半(平成21年6月)

マツ・カラマツ・ヒノキも順調に生育している。


写真31

施工後6年半(平成21年6月)


クマシデの生育                                 


写真32

施工後6年半(平成21年6月)

クマザサの侵入


写真33

施工後6年半(平成21年6月)

タケニグサ


写真34

施工後6年半(平成21年6月)

スギの生育も確認できた 


写真35

施工後6年半(平成21年6月)

Ao層(腐食土層)と呼ばれる土壌構造が生成されている。

 ※ Ao層は腐植土層とよばれ、有機物の落葉落枝が朽ち果てていく層である。Ao層は無機質土壌への腐食の供給源であり、雨滴の衝撃をやわらげ、土壌表面からの水分の蒸発を抑えるマルチング(被覆)としての役割も果たしている。


写真36

小動物の住処にもなっている。  写真:ニホントカゲ


写真37

施工後6年半(平成21年6月)
マツの侵入



※写真をクリックすると大きい写真をご覧頂けます。
[閉じる]