山梨県 広河内砂防堰堤工事 無播種施工

発注:国土交通省富士川砂防事務所 現場名:広河内砂防堰堤工事
施工場所:山梨県南巨摩郡早川町奈良田緑真黒地先
施工時期:2007年9月
工法:TG緑化工法
平均吹付厚:3p
基礎工:ラス無し
種子配合:無播種

法面条件
 勾配:1〜1.5割
 方位:南西
 土質岩質:玉石混じり土
 現在の植生状況:ハンノキ、タラ、モミジ、ヨモギ・・・etcが周辺に生息しています。現段階ではよくわかりません。

 今回の施工場所は国立公園内であり、特記仕様書の種子配合では在来種が原則でしたが環境条件を考慮し、在来種及び外来種も含まず現地種子を生かす法面対策及び2〜3年程度は法面を保護できるので、この間に現場付近の種子が基盤上に付着し緑化が行われる事を推測しTG緑化工法を技術提案し採用されました。

施工・撮影:山梨県SF緑化工法協会 長田組土木(株)


写真1

施工直後


写真2

施工直後


写真3

施工1年後(平成20年9月)


写真4

施工1年後(平成20年9月)



※写真をクリックすると大きい写真をご覧頂けます。
[閉じる]