SF緑化工法協会について
SF Green Method Association

法面緑化・樹林化のパイオニアとして…
As a pioneer of afforestation...

SF緑化工法協会の技術チームは,1953年に日本で初めての種子帯を開発して以来,自然本来の能力を回復する緑化を追求してきました。

1983年には高次団粒吹付技術を開発し,SF緑化システムの基本となるSF緑化工法を世に送り出しました。そして1988年には,団粒基盤を連続繊維で補強するTG緑化工法(通称テクソルグリーン工法)を開発し,播種による法面緑化・樹林化を普及してきました。

SF緑化工法・TG緑化工法に代表されるSF緑化システムは,各都道府県SF緑化工法協会会員の手によって,日本全国で施工され,現在までにおよそ2万箇所2000ヘクタールの法面や開発裸地が樹林化されました。

私たちは、法面緑化・樹林化・システム施工のパイオニアとして,これからも自然回復の緑化をめざします。

Since our technical team of SF Green Method Association developed the first seed belt in Japan in 1953, we have pursued the afforestation which recovers the natural reproduction power.

In 1983, we developed a new technology of spraying method which creates aggregated soil base, and we began to spread SF Green Method, which is the basic method of SF Afforestation system. In 1988, we developed TG Green Method which reinforces an aggregated soil base with long fibers. We have spread afforestation since then.

SF Afforestation system has been constructed by SF Green Method Association members at all prefectures in Japan. About 2000ha, about 20,000 places have already been revegetated in Japan. We aim at revegetation which helps natural recovery as a pioneer of afforestation and system construction from now on.

フロントランナーでありつづける。
We shall continue to be a front-ruuner.

SF緑化工法協会は,高次団粒吹付技術をはじめ,長年の研鑽から生まれた独創的な緑化技術により,野芝から洋芝へ,モルタルから緑化へ,草から木へ,そして法面から自然斜面へ,新市場を開拓し,樹林化の普及・システム緑化の定着・施工安全性の向上など,緑化という産業を進化させてきたと自負しています。

公的機関による認定,学界などからの高い評価もいただいています。

We have self-confidence of having developed the industry of revegetation with the original technology born by years of study.

First, it is the development of aggregated soil base technology and the spread of afforestation. Secondly, it is expansion of a new market. We changed over--- from a grass planting method to a hydro-seeding method, from grass to tree and from artificial slope with mortar to natural slope with trees. Thirdly, it is the systematization of revegetation and the improvement in the safety of construction.

We obtained an authorization by the public organization, and a high evaluation from academic circles.

  昭和40年4月 特許庁長官賞
  昭和40年10月 科学技術庁長官賞
  昭和40年10月 財団法人発明協会会長賞
  昭和41年4月 全国発明表彰 発明賞
  平成2年5月 土木学会賞(技術開発賞)
  平成4年5月 土木系材料、技術審査証明(TG緑化工法)
  平成8年6月 建設大臣技術評価(SF緑化工法・TG緑化工法)
  平成10年12月 建設省 新技術活用促進システム(NETIS:ネティス)へ評価・登録

あなたの蒔く種が,日本の自然になる。
The seeds which you planted will become woods and become a natural scenery of Japan.

SF緑化工法協会は各都道府県で独立運営され,施工は,郷土の自然を知り尽くした現地協会参画のトップ・ゼネラルコンストラクターが行います。全国レベルでの実績を持つ最先端のシステム工法と,地域に根ざした緑化事業が,郷土の自然保護と経済発展を両立させています。

郷土の緑化を郷土の手で実現したい,それが私たちの願いです。

Independent management of the association is carried out in all prefectures. The top general constructors of each prefecture are members, who knew all the nature of a hometown. They are coping with both the protection of nature and economic development.

Our wish is that all afforestation in a hometown will be realized by the people of a hometown.

この工法でしかよみがえらない緑がある。
Only our method can revive the natural scenery of Japan.

産業の発展が続くなか,毎年,日本国土の約半分にあたる熱帯雨林が地上から消滅しているといわれています。二酸化炭素の増大による地球温暖化,砂漠化の進行,異常気象,オゾンホールの拡大など,“緑の喪失”を核とする巨大な連鎖反応の前に,私たちの力は小さなものです。

でも,私たちには“緑を育む者”として磨き上げてきた技術があります。

日本で生まれたこの貴重な技術を地球の人々に伝え,それぞれの地域に根づかせて行くこと。

それは小さな,しかし確かな一歩だと,私たちは信じています。

While development of industry continues, the same area of tropical rain forests as a half area of Japan have disappeared from the ground every year. Our power seems to be too small to cut the huge chain reaction from which "loss of green nature" is the cause and which includes expansion of advance of the global warming by increase of carbon dioxide, desertification, abnormal weather, and an ozone hole etc.

But we have the technology polished up as "those who cherish green nature." We are going to convey this precious technology born in Japan to people of the earth, and make it root in each area.

Our method is not a big but a firm step to restore natural forests, we believe.

地球というかけがえのない郷土のために,私たちにできることから始めています。
We have already begun to do from what we can do for our precious hometown called.

[ホームに戻る]